自己破産の相談
メインメニュー   トップページ ご利用案内 お問い合わせ リンク
用意するもの


自己破産を申し立てる場合に必要なものは以下の通りになります。

 

住民票、戸籍謄本、市民税・県民税課税証明書、源泉徴収票の写し、給与明細書の写し、預金通帳の写し、賃貸契約書の写し、車検証の写し、保険証券の写し、不動産登記簿謄本 自動車の査定書 保険解約返戻金証明書 年金等の受給証明書の写し 退職金を証明する書面です。

持っていないものももちろんありますので、ご注意下さい。

 

 

裁判所から渡される書類

破産申立書、免責申立書、債権者一覧表、陳述書、資産目録、家計の状況

 

裁判所から渡される書類は、全て提出が必要になります。



自己破産について

■自己破産について

自己破産とは
家族の問題
仕事の問題
保証人の問題
自己破産のメリット・デメリット

■自己破産申し立て

用意するもの
債務者一覧表の作成
申し立て書類の提出
自己破産手続きの流れ

■自己破産の費用

自己破産申立費用
法律扶助制度

■専門家による自己破産手続き

自己破産手続き

■悪質な取立て対処法

ヤミ金業者の脅迫対処法
利息が高すぎる
完済した借金の請求書がくる

■自己破産に至るまで
自己破産の原因1
自己破産の原因2
自己破産の原因3
自己破産の原因4
自己破産の原因5

■グレーゾーン金利

グレーゾーン金利
貸金業登録証明書等
貸金業規制法17条
貸金業規制法18条
利息
弁済規定
保証人がある場合
最後に…

■よくあるご質問について
質問1
質問2
質問3
質問4
質問5

リンク

リンク
リンク2
リンク3
リンク4
リンク5
リンク6