自己破産の相談
メインメニュー   トップページ ご利用案内 お問い合わせ リンク
最後に…


自らの浪費癖やギャンブルといったものは自己破産の対象にならない場合があると聞いたことがあるのですが、本当ですしょうか?

破産が認められないこともありますが、全ては免責の対象になるかどうかが、その決定によって様々です。ギャンブルなどの浪費からの免責の対象になりませんが、一度弁護士に相談してい見ることをおすすめします。 その多くは、借金した債務者の連帯保証人になり、債務者が借金を返済しなくなったことで、連帯保証人の方に、債権者から取り立てにくるというよくドラマや映画のワンシーンで見たことがあるのではないでしょうか。

自分には全く関係のない借金をいきなり背負うことになりますので、額によってはいきなり返済は難しいですし、自分で作った借金ではないのに それを支払うというのは気持ちの上でもすすんできることでないですよね。 現在は、テレビやドラマなどで「連帯保証人」=危ないという意識が人々に浸透していったのか、一昔ほど前よりかは聞かなくなりましたね。 実際にとても身近な人であっても、身内であっても連帯保証人になる前はしっかりと考えることが大切です。

 


Google
WWW を検索 www.jikohasan.lawyers-works.com を検索
自己破産について

■自己破産について

自己破産とは
家族の問題
仕事の問題
保証人の問題
自己破産のメリット・デメリット

■自己破産申し立て

用意するもの
債務者一覧表の作成
申し立て書類の提出
自己破産手続きの流れ

■自己破産の費用

自己破産申立費用
法律扶助制度

■専門家による自己破産手続き

自己破産手続き

■悪質な取立て対処法

ヤミ金業者の脅迫対処法
利息が高すぎる
完済した借金の請求書がくる

■自己破産に至るまで
自己破産の原因1
自己破産の原因2
自己破産の原因3
自己破産の原因4
自己破産の原因5

■グレーゾーン金利

グレーゾーン金利
貸金業登録証明書等
貸金業規制法17条
貸金業規制法18条
利息
弁済規定
保証人がある場合
最後に…

■よくあるご質問について
質問1
質問2
質問3
質問4
質問5

リンク

リンク
リンク2
リンク3
リンク4
リンク5
リンク6