自己破産の相談
メインメニュー   トップページ ご利用案内 お問い合わせ リンク
利息が高すぎる


ほとんどのサラ金業者が利息制限法で定められた金利の上限を超えた貸付を行っています。自分でそうとは分かっていても契約を交わしてしまった場合、利息制限法の金利上限超えは罰則がない上、債務者の任意で支払われた場合は、それが有効になります。これらはみなし弁済規定と呼ばれますが、だからといって諦めてはいけません。

 

上限を超えない場合と超える場合では、2割〜4割ほど、借金額が変わってきます。そのため、利息が高すぎると感じていて、一人ではどうにもできない場合は、司法書士や弁護士といった専門家に相談することをおすすめします。

任意整理を行えば、借金は規定の金利で再計算されますので、借金が少なくなる、また過払い金が返ってくることも十分考えられますので、お悩みの方はご相談を。


自己破産について

■自己破産について

自己破産とは
家族の問題
仕事の問題
保証人の問題
自己破産のメリット・デメリット

■自己破産申し立て

用意するもの
債務者一覧表の作成
申し立て書類の提出
自己破産手続きの流れ

■自己破産の費用

自己破産申立費用
法律扶助制度

■専門家による自己破産手続き

自己破産手続き

■悪質な取立て対処法

ヤミ金業者の脅迫対処法
利息が高すぎる
完済した借金の請求書がくる

■自己破産に至るまで
自己破産の原因1
自己破産の原因2
自己破産の原因3
自己破産の原因4
自己破産の原因5

■グレーゾーン金利

グレーゾーン金利
貸金業登録証明書等
貸金業規制法17条
貸金業規制法18条
利息
弁済規定
保証人がある場合
最後に…

■よくあるご質問について
質問1
質問2
質問3
質問4
質問5

リンク

リンク
リンク2
リンク3
リンク4
リンク5
リンク6